虫歯治療をしている歯科医師

歯医者というと「虫歯」が思い浮かびますね。​

「歯医者が苦手…」「まだ痛くないし…」

と、虫歯に気づきながらそのまま放置している人がいるかもしれませんが、虫歯は自然に治りません。

わたしは虫歯治療に2つの方針をもっています。

​​ひとつは「虫歯除去に手用器具を使うこと」もうひとつは「拡大鏡を使うこと」です。

 

虫歯治療に、拡大鏡と手用器具を使うようになった経緯

虫歯をとるには、

①高速ドリルで一気に削ってしまう

②低速ドリルで虫歯を取り除く

③手用器具で虫歯を取り除く

といった3つの方法があります。

低速ドリル3種

勤務医時代と高崎で診療をおこなうようになって初期のころは、低速ドリルで虫歯を除去していました。

低速ドリルも手用器具も先端は1mmほどと、とても小さく、肉眼では操作状況が見えないので勘や経験による器具操作となります。

「どうせ、勘や経験に頼るのならば、ドリルのほうが確実だろう」そう考えていました。

ただ、数年後に 拡大鏡を用いるようになって、考えが変わりました

拡大鏡

拡大鏡は2.5倍⇒4倍⇒6倍、とステップアップしていったのですが、拡大率が4倍あたりから治療視野が明らかに変わり、6倍になると治療している場所を完全に目で確認することが出来るようになったのです。

拡大鏡の視野

そして驚くことに、6倍に拡大した状態で 低速ドリルで処置したところを見ると、虫歯を取り残していることがほとんど

そこで、確実に虫歯を取り除けるようにエキスカベーターという手用器具に変更しました。

エキスカベーター

エキスカベーターは小さな耳かきのような器具で、虫歯を過不足なく取り除けます。振動はありませんし、音もしません。

硬い部分は削れないので健康な部分の過剰切削を防げ、 一番確実な方法です。

エキスカベーター先端

 

治療内容は、虫歯の大きさによって変わります

虫歯の大きさの模式図

ここでいったん、虫歯の大きさによる治療内容の違いについて少しお話しします。

虫歯は大きさによる分類がありC0⇒C1⇒C2⇒C3⇒C4 と数字が大きくなるにつれ、大きな虫歯になります。

初期虫歯への対応

通常、初期虫歯であるC0やC1の段階では歯を削りません。

CO、C1、両方とも「再石灰化」による進行停止が期待できるので、経過観察するのが標準治療です。

初期虫歯の写真

​COは歯の表層部(エナメル質)の結晶が少し壊れた、虫歯になりかけの状態。
( “O” は、英語の “オー” で、observation(観察)の略)

C1は歯の表層部(エナメル質)に限局した浅い虫歯。

CO、C1の虫歯を削るのは、悪い1%を治すために99%の健康な部分を削りとる本末転倒な話です。

関連記事

歯医者選びは慎重に…

虫歯の経過観察ってご存知ですか?

象牙質に届いた虫歯

象牙質に届いた虫歯

「しみる・痛い」という症状がでるのは、虫歯が象牙質に届いてから。この段階までに歯医者にいらしていただくと​神経が残せます。

前歯はプラスチック

虫歯が象牙質に届いた場合、前歯には保険診療で白いプラスチックを詰めます。

おおよその費用は3割負担で、1箇所 1500円前後。​
前歯へのプラスチック治療

上の写真は、古くなって黄ばんだ前歯の詰め物を、白いプラスチックで治しています。

麻酔して着色部分を取り除き、プラスチックを詰めました。

4~5年でまた変色するかもしれませんが、そのときは再び治せば大丈夫です。

関連記事

前歯の虫歯 治療例①

奥歯は金属の詰め物

奥歯には通常、保険診療で金属の詰め物をつけます。

型取りしてつくり、おおよその費用は3割負担で1歯2000円前後です。

奥歯への金属の詰め物

保険の金属は「金銀パラジウム合金」に制度化されています。

保険の金属は硬いので良くないという意見もありますが、わたしはそうは思いません。
もっと硬い素材であるセラミックやジルコニアもあるぐらいです。

保険診療でも、手順通りの型どりをして指定混水比の石膏で模型をつくれば、適合は良いです。

なお、奥歯でも咬む面のみでしたら、下の写真のようにプラスチックで治せるケースもあります

プラスチックによる治療

プラスチック修復の可能・不可能

関連記事

何とか神経を残せたケース

神経に届いた虫歯

神経に到達した虫歯

虫歯を放置すると徐々に大きくなり、最終的に歯の中心部にある神経に到達します。

すると神経に炎症が起き、「すごくしみる・すごく痛い」といった急性症状がでます。

歯を痛がっている男性

こうなると、もう手遅れ。

神経を除去して、根管治療をしないと症状はとれません

関連記事

神経をとる・とらない の基準

神経の除去~根管治療

「少し前から歯がしみるときがあったけど、昨日から、すごく痛くなってしまって…」とおっしゃって来院された方です。

大きい虫歯虫歯のレントゲン写真

レントゲンを撮ったところ、虫歯が神経に届いていました。

この状態になると、神経が細菌感染し強い痛みが起こります。痛みをとるため神経を除去し、根管治療に移行しました。

根管治療は終了するまで最低でも4~5回の通院が必要。

その後、土台をつくり、被せものをします。

関連記事

根管治療のおおよその回数

保険診療で銀歯をセット

このときは銀歯をセットするまで6回の通院。保険診療で銀歯を2つ装着しました。

「まだそれほど痛くないし」「穴が開いてるけど、忙しいしな」と思う気持ちもわかりますが、 虫歯は放置すると進行します。

「歯に穴があいた」「歯がしみる」「歯に黒い部分がある」など、歯の異常に気づいたら早めに歯医者にいらしてくださいね。