院長の写真

知らない場所に行ったり、知らない人に会ったりすると緊張しますね。

それが歯医者なら、なおさらです。

「歯の調子がおかしいから、どこかの歯医者に行かないと…。でも、どこがよいだろう…」

もしかしたら、あなたはそんなお気持ちなのかも。

ただ、虫歯や歯周病は自然になおりません。

わたしとしては、あなたの歯がこれ以上悪くならないように、早めに歯の治療に来てほしいだけ

わたしのメッセージがあなたが歯医者に行くきっかけになれば嬉しいです。

 

 

初診時の流れ​

待合室と問診表

ご来院しましたら受付へお声がけください。

問診表をお渡ししますので、いま痛いところ、悪いところ以外にも、お口で気になることがありましたら、何でもご記入ください。

やじるし

問診表が終わりましたら、診療室でお口の中を拝見します。(いきなり削ったりはしませんので、ご安心ください)

口の中を見ている歯科医師

おおまかな流れは以下のとおりです。

問診事項の確認 ⇒ 歯のチェック ⇒ 歯グキのチェック ⇒ 写真撮影 ⇒ レントゲン

レントゲンや口腔内写真を撮影していると、1回のアポイント時間である30分はすぐに過ぎてしまいます。

急性症状が無ければ、最初のアポイントは現状の説明のみで終わることも多いです。

やじるし

お渡ししているパンフレット類
「医院の方針」は、ひとりひとりの患者さんに直接会話でお伝えしたほうが良いのですが、日々診療をしていますと、なかなか時間がとれません。

ですので、パンフレットを作成してお帰りの際お渡ししています。

なお、お口の中全体を見渡して、痛い場所以外に悪いところがあったらその治療もおこなっていきます

痛いところや腫れた場所を治すのは大切なことで、まずはそれを念頭に治療していますが、

「痛いところだけ治れば、それでいい」「予防にはまったく興味がない」といった方には向いていない歯医者かもしれません

治療中に何かあったら、我慢しないで合図してください

歯科治療での不安、それは「痛かったらイヤだな…」。
この気持ちは、子供だけではなく大人だって同じです。

また、痛みもそうですが、それを我慢しなくてはならないというプレッシャーもあると思います。

わたし自身も痛いのは苦手で、とくに苦手なのは注射。

インフルエンザの予防接種や、人間ドッグの採血など、年に数回注射をしますが、心臓はドキドキし目をつぶってギュッと身体を固め、時が過ぎるの待つタイプです。

確かに、多少は我慢いただくことがあるかもしれません。
ただ、できるだけ苦しくなく治療を受けていただきたいと、いつも考えています。

ですからせめて
「何かあればいつでも治療を止められる」ように、下のようなお願いを院内のいたる場所に掲示し、

「治療中に何かあったら、手をあげて合図していただけますでしょうか」

と毎回お話ししています。

「治療中に苦しくなったら…」のポスター

怖い気持ちは誰でも同じ、
大人だからといって、遠慮は禁物。

「今、歯を削っているんだし、少しは我慢しないとなぁ」
「途中で止めちゃ悪いしなぁ」

など、考えないで大丈夫。治療中に何かありましたら教えてくださいね。

人は情報が少ないと不安を覚えます

不思議そうなサラリーマン

「どんな治療法になるのだろう?」「こんな歯でも治せるのか?」「もしかしたら抜歯…?」

歯の治療に関する疑問・不安はつきないと思います。

どうしてか?というと…あなたの歯に関する情報があまりにも少ないからです。

人は情報が少ないと不安を覚えます。

知らない場所に行ったり、知らない人に会ったりすると緊張しますね。

ところが、昔住んでいた場所へ行くときやよく知っている人に会ったりするときは、安心感を覚えると思います。

どういう人か、どういう場所かをよく知っているからです。

疑問・不安を解消するには、自分の歯の状態を把握することです。

といっても、自分の口の中は見えません。

見えないところがどうなっているのか、あれこれ考えても、どうしようも無いです。

ですので、遠慮せず、わたしに質問してください

出来る限りお答えします。

実は…、わたしも緊張しています

あなたが患者として、わたしの診療所に来るとき「どんな先生なんだろう?」「痛い治療だったら、イヤだな…」などと、いろいろ考えて緊張してしまうと思います。

ただ、安心してください。実はわたしも緊張しています

書いていただいた問診表を見ながら「いったい、どんな症状なのだろう?」「どんな性格の患者さんなのかな?」などいろいろ考えながら、診療イスに向かっていくのです。

そして、「こんにちは。内田と言います。よろしくお願いします」とご挨拶して会話をしながら、だんだんと緊張を解きほぐしていく感じです。

歯の治療といっても、結局は人間と人間が向き合っているわけですから初対面で緊張するのは当たり前

どうでしょう。少しは安心しましたか?

新患の方は予約時間10分前のご来院をお願いしております。

電話中の女性
初診のご予約は、ネット予約もしくは、お電話でご連絡下さい。

お電話の場合「初めてなのですけど、予約をお願いします」と伝えてから お悩みの件をおっしゃっていただければ大丈夫です。

なお、その際に当院から連絡のとれる電話番号をお伺いします。

問診表の記入・保険証の確認手続きがありますので、新患の方は予約時間10分前のご来院をお願いしております

お電話でのご予約は
027-322-5263 です。

※予約患者さんの診療の都合上、当院とのお約束時間に遅れてしまった場合、来院されても処置が出来ない場合もありますことを、あらかじめご了承ください。

確実に来れる時間にご予約をお取りください

私たちが、とても困ってしまうのが、残念なことに来れるか来れないかわからない状態で予約をいれ、その結果、度重なるキャンセルや予約変更をしてしまう。また、大幅な遅刻をしてしまう方々です。​

時計のイラスト
キャンセルや予約変更される理由に「急に仕事が入ってしまって」ということがあると思います。

お忙しいというご事情はわかりますが、”頻繁な予約変更” や “無断キャンセル” が多い場合は仕事の合間や仕事帰りではなく、お仕事が休みの日、もしくは、繁忙期を過ぎた時期でのお約束をお願いしております。

「いったん予約を入れておいて、都合が悪くなった場合は連絡しよう」
それが数回程度なら良いのですが、頻度が多い場合、診療をご遠慮させていただく場合もございますので、あらかじめご了承ください。

​なお、体調不良や、急なご不幸など、やむを得ない場合はキャンセルしていただいて大丈夫です。
そのような場合、お電話でご事情をお伝えください。(体調不良でキャンセルした場合、体調が回復してから再予約をお願いしております)