奥歯のセラミック模型

さて、セラミック治療について少しお話しさせてください。

まず、最初に… 少し前置きを。

歯の治療には 「歯の病気の治療」 と  「歯を再建する治療」 があります。

風邪が治らなければ内科へ、皮膚がおかしければ皮膚科へ行きますね。

そんなとき、通常は診察のあとに薬をもらって「気になるようでしたら、またいらしてください」ってなります。

個人的な想いとしては、このような 「痛い・腫れた」などの「病気の治療」は 保険診療でカバーしたいところです。

では 「痛い・腫れた」が治ったあとはどうなるでしょう

風邪をひいても安静にすれば良くなりますし、傷ができてもいずれ元に戻ります。たいていの病気は、大病でない限り身体の治癒力が治してくれるからです。

ところが、歯は違います。

歯は再生しませんので、虫歯によってあいた穴は人為的に埋めないかぎりそのまま。

ブリッジ装着のイラスト

「銀歯を作る、ブリッジを被せる」などの「歯を再建する治療」をおこなわなければ再び噛むことはできません

そして、歯を再建する方法には、保険~自費まで、さまざまな選択肢があります。

 

「歯の再建」は、バリエーションに富んでいます

豪華なショッピングモール

洋服にはいろいろな種類があり、価格帯もさまざま。

ユニクロを好む人もいれば、
ユナイテッドアローズなどのお洒落なものを好む人もいます。

バーバリーなどのブランド物が好きな人もいますね。

横から見たクルマクルマもそう。

実用的で燃費の良いアクアを選ぶ人もいれば、見た目がかっこいいSUVを買う人もいます。
所得が多い人はレクサスかも。

被せもののイラスト歯も同じです。

「保険の歯」から 「自費の歯」までいろいろなバリエーションがあり、

ひとまとめに 「被せもの」といっても保険の歯でよい人もいれば、多少お金がかかっても自費の歯をいれたい人もいます

お金をかけて歯を綺麗にしたい人に保険の歯を入れてはおかしいですし、保険の歯を選びたい人に自費の歯をおすすめしても閉口してしまうでしょう。

歯の被せものは、その人の価値観にあったものを選ぶのが自然です。

 

「見た目を綺麗にしたい」という要求は、保険の範囲外

厚生労働省のビル

保険診療には国(厚生労働省)の決めた制約(材料の種類、治療の順序、治療の方法など)があり、保険の歯を入れると、周囲の歯と色が違う、歯のかたちが不自然、といったことがたびたび起こります

これは、健康保険は「病気を治す」のが目的で、「見た目を綺麗にしたい」といった審美的な要求は保険の範囲外だから。(美容整形に保険が効かないのと同じ理由です)

ですので、歯の見た目を綺麗にしたい人は「自費の歯」を選ばないとです。

 

「自費の歯」の素材はセラミックです。

歯は先端に透明感があり、根元へ向かって徐々にグラディエーションを帯びています。

セラミックは細かい色調を再現できます

セラミックは細かい色調整ができるので、そのような歯の透明感とグラディエーションを再現できます。

また、「セラミック特有の艶」によって独特の質感も得られます

セラミックは艶があり、高い質感です

 

セラミックは何歳になっても綺麗

見た目を綺麗にしたい人にセラミックをおすすめするのは、保険の被せものに審美的な問題があるから。

硬質レジン前装冠のイラスト

保険の被せものは白い部分にプラスチックを使いますが、プラスチックは下の写真のように変色します。

変色したキーボード

そのため保険の被せものは、年を追うごとに色が変わっていきます。

そして、最終的に「色の違う歯がある状態」になります。

経年劣化した保険の被せもの

それに対し、セラミックは変色しません。

セラミックの別名は「陶磁器」。お皿や陶器の素材と同じです。

白いお皿

陶磁器で作ったお皿は何年経っても変色しません。

100年経った陶器

(出典:http://pukupukukichi.blogspot.com/)

上の写真は、江戸時代中期の食器。100年以上たった今でも、色鮮やかな状態です。

それと同じように、セラミックは何年たっても最初と同じ状態。

模型上のセラミック

30歳でいれたセラミックは、その人が80歳になっても綺麗なままです

この「変色しない」という特徴が、わたしがセラミックをおすすめする一番大きな理由です。

セラミックの目的は審美

セラミックの治療例をひとつ、ご紹介いたします。

セラミック治療の術前

「ずっと前から、上の前歯のかたちが気になっているんです」と来院された方です。

「治療しようか悩んでいて… でも、ずっとこのままの歯でいるのもイヤだし…」とおっしゃっていましたが、

セラミックの利点をお話しすると

「先生、やってみます」とのこと。

前歯4本のセラミック治療になりました。

セラミックをご希望の方は、自分の歯に何らかの不満があって来院されるので、前の歯と同じでは意味がありません

そこで、理想のかたちに仕上げた仮歯を実際に使っていただき、最終的な歯をイメージしていきます

なお、保険と自費では仮歯の目的が違います。 保険の仮歯は治療期間中のお食事のためですが、セラミックの仮歯は見た目を追求するためのものです。

セラミック治療の仮歯をいれた状態

今回は、歯を削るのに30分、仮歯製作~仮着に1時間、合計1時間半かけて仮歯にしました。

色合わせをしているところ

シェードガイド

1ヶ月ほど使っていただき問題ないことを確認した後、セラミックをつくるための色調データを採得します。

専用の色見本をカメラで記録し、データを技工所に送りました。

歯の色は、その人その人で求める色合いが違います。

「先生、わたしはすごく白い歯にしたいんです」という人がいれば、
「周りの歯と似た色合いで、自然な感じに仕上げて欲しいです」という人もいますので、
ご希望を伺って、ご相談しながら色を決めていきます

削った状態の歯の色を記録

セラミックの種類によっては削った歯の色が透けることがありますで、仮歯を外したときの色を記録します。

削った状態で、横の歯の色を記録

より綺麗な色合いにするには、周囲の色との調和が必要なので、横の歯の色も記録し、技工所にデータを送ります。

仮歯を入れてから、下の歯の色を記録

仮歯を戻してから、下の歯の色も記録しました。

完成した状態

10日後、技工所より完成したセラミックが届きました。e-maxというタイプです。

セットした状態

接着処理をおこなってから装着します。

セラミックは変色しませんので、適正なメンテナンスをしていけば何歳になっても綺麗なまま。

費用はセラミック4本で352,000円(税抜価格32万円、税32,000円)、期間は3か月でした。

※術前術後には個人差があり、同様の治療結果を示すものではありません。

 

そのほかの治療例もご紹介します

セラミック治療例①

ジルコニアボンド術前

「前歯の被せものが変色しているので、セラミックに変えてほしい」とおっしゃって来院された方です。

保険の被せものが変色している状態でした。

仮歯の状態

後日、保険の被せものを外し、1時間ほどかけて仮歯に置き換えます。

セラミックの色決め

仮歯で2週間過ごし問題ないことが確認できたので、色決めをおこない技工所へデータを送ります。

完成してセット

完成したセラミックをセットしました。ジルコニアボンドというタイプです。

費用はセラミック2本で198,000円(税抜価格18万円、税18,000円)、期間は2か月半でした。

※術前術後には個人差があり、同様の治療結果を示すものではありません。

セラミック治療例②

セラミックブリッジの術前

「奥歯の調子がおかしい」とおっしゃて来院された方で、診査した結果、歯根が割れていました。

歯根破折した状態

この状態になっていると、残念ながら割れた歯を除去しないとなので、後日、抜歯しました。

抜歯した後はブリッジをつくることになり、”下の歯は人目にふれることがあるから”との理由でセラミックをご希望されました。

仮歯をつけた状態

抜いた場所のハグキが回復するのを1ヶ月ほど待ってから、仮歯をつくります。

色決めをしているところ

さらに2ヶ月ほど待ち、抜いた場所の凹みが回復したら、色決めをおこない データを技工所へ送ります。

模型上のフルジルコニアクラウン

セラミックが技工所から届きました。

セットしたフルジルコニアブリッジ

完成したセラミックをセットしました。フルジルコニアというタイプです。

費用はセラミック2本+ダミーの歯1本で合計264,000円(税抜価格24万円、税24,000円)、期間は4か月でした。

セラミック1本+ダミー1本+セラミック1本

※術前術後には個人差があり、同様の治療結果を示すものではありません。

​セラミック治療例③

術前の被せもの

「奥歯のハグキの横から膿が出ている」とおっしゃて来院された方です。

根の病気になっていました

レントゲンを撮ると、根の中のクスリが不足していて根管治療が必要な状態でした。

ファイバーポストを付けた状態

ラバーダムをした根管治療を4回おこなったところ、膿は出なくなりましたので、ファイバーポストを使った土台を付けました。

色合わせをしているところ

セラミックをご希望されたので、色合わせをしていきます。

完成したメタルボンド

技工所から届いたセラミックです。

セットしたメタルボンド

完成したセラミックをセットしました。メタルボンドといタイプです。

費用はセラミック1本で88,000円(税抜価格8万円、税8,000円)、期間は2か月でした。

※術前術後には個人差があり、同様の治療結果を示すものではありません。

セラミック治療例④

少数歯セラミック 術前

「本当は全部セラミックにしたいのだけど、予算の点から、上の前歯2本だけ治療してほしい」
とおっしゃって来院された方です。

歯の質が弱く、多数の初期虫歯ができていました。

進行している虫歯を先に治療し、その後セラミック治療をおこないます。

セラミック 歯を削った後

神経に刺激をあたえないように前歯2本を削り、その場で仮歯をいれます。慎重におこなったので1時間半かかりました。

作製中の仮歯 仮歯を装着した状態

しばらく仮歯で過ごしていただいて、形態、咬み合わせをチェックします。

問題ないことが確認できたので、色合わせしました。

シェードテイキング

その後、技工所でセラミックを仕上げてもらいます。

メタルボンドのセット

メタルボンドというタイプのセラミックをセットしました。

費用はセラミック2本で176,000円(税抜価格16万円、税16,000円)、期間は2か月でした。

セラミックは1本9万円前後(税込)と高額です。この方のように、一番目立つ場所だけ被せるのも手段の一つです。

「治療前」「治療後」の比較

少数歯セラミック治療前 少数歯セラミック治療後

※術前術後には個人差があり、同様の治療結果を示すものではありません。

セラミック治療例⑤

変色した前歯

神経をとってそのままだと、歯はだんだん黒ずんできます。そのような変色した歯をセラミックで治しました。

前歯数本が変色していますが、やはりもっとも目立つ一本を治療することになりました。

仮歯を装着した状態

直接法でファイバーポストをつくり、一気に仮歯にします。1時間半かかりました。

仮歯にした状態で形態、咬み合わせを1ヶ月ほどチェックします。

シェードテイキング

周囲の歯の色と比較しながら、色合わせをおこないました。

セットしたセラミック 正面観

その後、完成したセラミックをセットしました。メタルボンドという種類のセラミックで費用は1本で88,000円(税抜価格8万円、税8,000円)、治療期間は1ヶ月半です。

セットしたセラミック 側方面観

「治療前」「治療後」の比較

変色歯へのセラミック治療前  変色歯へのセラミック治療後

※術前術後には個人差があり、同様の治療結果を示すものではありません。

セラミック治療例⑥

奥歯にセラミックのブリッジをいれたケースをご紹介します。

奥歯の銀歯

「奥歯がゆれている」とおっしゃって来院された方です。10年以上前に移植した親知らずだそうです。

膿がたまった歯根のレントゲン写真

移植した歯は5年過ぎたころから骨が吸収することが多く、レントゲンを撮ると周囲骨が無くなっていました。

「揺れている歯は残念ながら元に戻りませんので、抜歯した方が良いと思います。
その後、1~2ヶ月待ってからブリッジをつくるのが一般的ですが、どうされますか」

とお話ししたところ、

「わかりました。先生、多少お金がかかっても白いのでお願いします」

とのお答えで、セラミックのブリッジで治すことになりました。

抜歯後の状態

後日、揺れている歯を抜きました。

仮歯を装着した状態

抜いた傷が治るまで、仮歯をつけておきます。

前後の歯は神経を残しました。神経を残すことで歯の寿命が延びます。

シリコンでの型取り

抜歯後2ヶ月で傷がほぼ治りましたので、型どりします。

装着した奥歯のセラミック

完成したセラミックを装着しました。メタルボンドというタイプです。

下の歯は口をあいた時に見える場所なので、セラミックを希望される方も多いです。

「治療前」「治療後」の比較

奥歯のセラミック治療前 治療後

※術前術後には個人差があり、同様の治療結果を示すものではありません。

費用はセラミック3本分で264,000円(税抜価格24万円、税24,000円)、期間は4か月でした。

セラミック治療例⑦

形態不良の歯

「鏡で自分の顔を見たときの前歯のかたちがずっと気になってて…」とおっしゃって来院された方です。

ご相談の結果、セラミックで治すことになりました。

シェードテイキング

初期治療を終わらせてから、古い歯を外します。

違う角度からのシェードテイキング

その人固有の歯の色をチェックし、色合わせをします。

装着したセラミック

完成したセラミックを装着しました。メタルボンドというタイプです。

費用はセラミック3本で264,000円(税抜価格24万円、税24,000円)、治療期間は3ヶ月です。

「治療前」「治療後」の比較

前歯ブリッジのセラミック治療前 治療後

※術前術後には個人差があり、同様の治療結果を示すものではありません。

 

セラミックの種類

セラミックのかぶせ物は、昔からある「メタルボンド」と、2000年代から一般化されてきた「オールセラミック」の2種類に大きくわかれます。

メタルボンド

メタルボンドの構造

メタルボンドは金属のフレームにセラミックを貼り付けた構造で、1960年代から使われています。 約60年の歴史のあいだにさまざまな不具合が改良された治療法です。

メタルボンド  ¥88.000(税込)

 


 

ただ、メタルボンドは長いブリッジでは重くなる、貴金属高騰の影響でコストが上がる、フレームに金属を使うので根元の色が濃くなる、などのデメリットもあり、最近は金属を使用しない「オールセラミック」を使うことが多いです。

フルジルコニア クラウン

オールセラミックには「e-max」「ジルコニアボンド」「フルジルコニアクラウン」の3種類があります。

e-max(イー マックス)

鋳造方法、プレスセラミックのペレット

e-max

e-maxは、オールセラミックの一種で、材料を熱で柔らかくして鋳型に流し込む方法(ロストワックス法)でつくります。

セラミックの中で、もっとも審美的な透明感があり、適合性も良好。29色の中から近似した色合いを選択します。

※フレーム構造が弱いので、ブリッジに使用できません。

e-maxクラウン ¥88.000(税込)

 


 

オールセラミックにはジルコニアというタイプもあります。

ジルコニアは、人工ダイヤと呼ばれるほど硬い素材です。硬すぎて加工できなかったのですが、2000年代にCAD/CAM装置の開発が進み、削り出しができるようになりました。

削り出したジルコニア

ジルコニアボンド

ジルコニアボンドの構造

ジルコニアフレーム(高強度セラミック)に焼成用セラミックを焼き付けた構造。金属を使わないので透明感が増します。

29色の中から近似した色合いを選択します。

ジルコニアボンド ¥99.000(税込)

フルジルコニアクラウン

フルジルコニア クラウン

ジルコニアフレーム(高強度セラミック)単体の構造。金属を使わないので透明感が増します。

29色の中から近似した色合いを選択します。

フルジルコニアクラウン ¥88.000(税込)

(令和2年5月に値上げしました)

 


ジルコニアボンド・フルジルコニアクラウンをご希望の方へ

ジルコニアは非常に硬いため、もし再治療になったときに除去に非常に時間がかかるという欠点がありますので、その点をご理解したうえでご希望ください

ジルコニア除去専用のダイヤモンドバーを使うことで、少し時間はかかりますが除去可能になりましたので、ご安心ください。

 


 

メタルボンド、e-max、ジルコニアボンド、フルジルコニアクラウン のどれが良いのか?

さて、セラミックは数種類あり、何を選んだら良いのかわからないと思いますので、それぞれの特徴から考察してみようと思います。

セラミックの種類を決めるときは、強度・審美性・再治療のしやすさ、という点から考えると良いです。

強度がないと壊れやすいですし、審美性が高いほうがより綺麗に見えます。また、不幸にして再治療が必要になったときに外れなかったら困りますよね。

① 強度

まず、強度は

メタルボンド > フルジルコニアクラウン ≧ ジルコニアボンド > e-max

フルジルコニアクラウン≧メタルボンド> ジルコニアボンド ≧ e-max

の順になります。

フルジルコニアクラウンは単一材料で出来ているので、適正な厚みがあれば簡単には壊れません

メタルボンドも内部に金属があるため、そう簡単には壊れません。ただし、外側セラミックと金属フレームは化学結合でついているので、メタルボンドは長期間経過すると外側セラミックが剥がれるトラブルが起こることがあります。

ジルコニアボンドはジルコニアフレームの外側に焼成セラミックを貼り付けるのですが、フレームとセラミックは物理的結合のみで付いているので、ジルコニアボンドは、メタルボンドより外側セラミックが剥がれるトラブルが起こりやすいです。

e-maxはこの4種類のなかでは強度が低いです。(ただし、前歯に用いる場合はe-maxの強度でもまったく問題ありません

なお、フルジルコニアクラウンとジルコニアボンドは、ポキッと折れる脆性破壊(ぜいせいはかい)という性質がありますので、大きいブリッジには使用できません

② 審美性

どれだけ綺麗に見えるかという審美性は

e-max >> ジルコニアボンド ≧ フルジルコニアクラウン ≧ メタルボンド

e-max > ジルコニアボンド ≧ フルジルコニアクラウン ≧ メタルボンド

という順になります。

e-maxは独特の透明感があり、とても綺麗です。

その他の3つは僅差で違うぐらい。メタルボンドは歯の根元部分が少し濃くなりますが、まじまじと見ない限り気になるレベルでは無いです。

③ 再治療のしやすさ

つぎに、再治療のしやすさ

見落としがちなことですが、何らかの理由で根の治療が必要になった場合や、横の歯がダメになってブリッジをするときは、被せものを除去する必要があります。

そんなとき、全然外れなかったら困りますよね。

ですので、再治療することになった場合の除去のしやすさも考慮したほうが良いです。

これは

e-max ≧ メタルボンド >フルジルコニアクラウン = ジルコニアボンド

という順になります。

e-maxとメタルボンドの除去は普通にできますが、フルジルコニアクラウンとジルコニアボンドは硬いので除去が大変で、ジルコニア系の被せものを外すには数十分から1~2時間にわたって口を開けなければならない場合もあります

除去専用のダイヤモンドバーを使うことで、少し時間はかかりますがジルコニアも除去可能になりましたので、ご安心ください。

結論

以上から考えると、

前歯で審美性を高めたい場合は、e-max

奥歯でe-maxが使えない場合はフルジルコニアクラウン

大きなブリッジでフルジルコニアクラウンが使えない場合、メタルボンド

となります。

被せもの比較表

↑ 来院した方にお配りしている「被せもの比較表」です。参考にされてください。

 

セラミック治療の進み方

笑顔の女性
コンサルテーション

お口のチェックをおこなった後、セラミックに関してのご相談をお伺いします。
疑問点がありましたら、どんどんお尋ねください。

やじるし

歯科診療ユニット
初期治療

型どりまでにハグキの状態を整えます。
根の病気があったら、事前に根の治療もおこないます。
(初期治療は保険で可能です)

やじるし

プロビジョナル レストレーション
シュミレーション

皆様、自分の歯に何らかの理想をお持ちです。
仮歯を実際に使っていただき、最終的な状態をイメージしていきます。

 

やじるし

シェードテイク
色合わせ

ガイドを元に、お顔とマッチした歯の色を選びます。
メタルボンドという種類は技工士が来院し、色調選択をおこないます。

 

やじるし

完成
セット

調整した後に接着します。

 

やじるし

PMTC
メンテナンス

定期的なクリーニングをおこないます。
セラミックは変色しませんので、適正なメンテナンスをしていけば何歳になっても綺麗な状態です。

 

歯並びが気になるのだけど、矯正が良いの? セラミックが良いの?

?マークの女性

矯正治療は歯を削りませんが、治療期間は最低でも2~3年。
治療期間中は歯に矯正装置がつくので、見た目はあまり良くありません。
また、歯の色調・かたちはそのままです。

セラミックは大幅な歯並びの改善はできませんし、歯を削る必要もあります
ただ、矯正治療とくらべて治療期間が短く、 歯の色調・かたちも綺麗になります。

歯の状態により、どちらが良いかわかれますので、診査した後にお話ししています。なお、矯正治療をご希望の方には矯正専門医をご紹介しております。

 

「保険の歯」から 「自費の歯」まで、さまざまな選択肢があります

「あそこの歯医者だと、保険の歯しか選べない」「こっちの歯医者だと、自費の歯しかない」というのだと問題でしょう。

「保険の歯」から 「自費の歯」まで、いろいろなバリエーションをそろえていた方が喜ばれます。

セラミック治療は、独身の人は「ブランド品を買うようなもの」、世帯を持っている人では「高価格の耐久消費財を買うようなもの」

ブランド品は持っていることで高い満足感を得られますし、手入れをしっかりしていれば物が良いので長く使えます。

高価格の耐久消費財(乗用車、テレビ、冷蔵庫など)も、やはり適正なメンテナンスという前提はありますが、一度購入したら長く使い続けることができます。

セラミックは高価ですが、綺麗な歯によって高い満足感が得られますし、変色しませんので、メンテナンスをしていけば何歳になっても綺麗な状態。

​あなたが「自分の歯を綺麗にしたい」「自分の歯を理想のかたちにしたい」などお考えでしたら「セラミック治療」をご検討ください。