バーのマスター

近くによく行くバーがあり、そのマスターと会話していたところ、「内田さん、僕は嘘でもいいから”絶対治るから大丈夫ですよ” 言ってもらうと患者として安心するんですよ」と言われたことがあります。

お酒を飲みながらの何てことのない会話なのですが、実はこれは大きな命題で、医療には不確実性がつきもので、99%や99.5%であっても、100%治るということはありません

”絶対治るから大丈夫ですよ” と言うと患者さんは安心するでしょうが、実際のところ “運が悪く、治らなかった” ということも起こります。

そして、もし治らなかった場合、「先生が大丈夫と言ったので治療を続けたのに…」といったことで、大きく信頼を失うことに繋がります。

ですので、わたしは「絶対とは言えないですが、今までの経験上おそらく良くなると思います」といった受け答えになることが多いです

「絶対治る」という嘘はついた方がいいのか どうか? については、わたしは”嘘はつかない派”

もちろん世の中には”嘘をつく派” の先生もいることでしょう。

どちらが良いのかはわたしにはわかりません、果たしてどっちが良いんでしょうかね?