上下総入れ歯の写真

入れ歯の治療でちょくちょく歯医者に行ってるけど、いっこうに良くならない… どうしたらいいの…​

あなたは、そのようにお悩みではありませんか?​​

入れ歯の治療は、型どり、咬み合わせ、向かい合った歯の状態、バネをかぶせる歯の形態などが総合的に絡み、難易度が高い分野。

上手くなるにはノウハウや経験が必要です。

 

入れ歯治療との出会い

院長の顔写真
内田デンタルは、もともと「内田歯科医院」という名称。

昭和4年に祖父が開設した診療所です。

祖父から父が引き継ぎましたが、父は平成19年にガンになって急に亡くなり、わたしが引き継ぎました。

歯医者に通院する患者さんは、その先生と同年代が多くなる傾向があります。

父が亡くなったのは60代中盤でしたので、患者さんもその年齢層が多かったです。

60代は歯を喪失する年齢。いわば「入れ歯年齢」で、入れ歯の患者さんがとても多い状況でした。

臨床例が少ない若い先生は入れ歯が苦手なことが多く、かくいう自分もそれまで入れ歯を手がけたことは少なく、 引継ぎ当初 非常に困りました。​

​父はかなり癖のある自己流の入れ歯を作成していたので、古い入れ歯を参考にすることも難しい状態でした。

ただ、患者さんは「入れ歯をつくって欲しい」「入れ歯をなおして欲しい」「入れ歯があたって痛い」と、来てしまいます

入れ歯の治療は、型どり、咬み合わせ、向かい合った歯の状態、バネをかぶせる歯の形態などが総合的に絡み、難易度が高い分野。
すぐに上手にはなりません。

そこから数年間は、試行錯誤、勉強の日々

良いものを求め材料を変更したり、名医と呼ばれる先生の講習会に参加したり、学会に入ったり、成書をもとにいろいろな方法を試したり、と様々なことをしました。

習ったことを実践し、結果を確認しながら修正するのを繰り返しました。

すると様々なことがわかり始め、

4~5年経つと、患者さんから「今までの入れ歯で一番いい」「いろいろ噛める」といった声が聞こえるようになったのです。

今では「良い入れ歯になるから心配しないでくださいね」「この状態では、残念ですがこれが限界です」「この部分を修正すれば上手くいきますよ」

など、自信を持って言えるようになっています。

入れ歯の4つのポイント

説明している棒人間

入れ歯のポイントは大きくわけて4つ。

「入れ歯が合わない…」「入れ歯が痛くて噛めない…」などとお悩みの方は、たいてい下の①~④のどれかに不備があります。

① 咬み合わせ平面

② 型取り

③ バネ・沈下防止装置・フレームの配置

④ 顎の水平的位置

もう少し詳しく書いてみます。

​① 咬み合わせ平面の修正

咬み合わせ平面が乱れると、物を噛んだときにかかる力が不均一になり、「入れ歯が外れる」「特定の部分が痛い」などが頻繁に生じます。​

わたしが入れ歯をつくるときは2~3か月以上になることがほとんどですが、それは咬み合わせ平面を治していくから。​

どういうことなのかイメージしずらいと思いますので、​実例を挙げましょう。

入れ歯症例 正面観

使用中の入れ歯

「最近、入れ歯をつくったのだけど、すぐに落ちてしまう…   何とかならないでしょうか? 」
とおっしゃって来院された方です。

お口の中を拝見したところ、理由がわかりました。

入れ歯が回転して外れる

かみ合わせ平面が斜めなので入れ歯が回転するのです。

このままだと、何回作っても上手くいきません。

咬合平面の修正点

黄色い〇の部分がとくに問題。

咬み合わせ平面の修正は、入れ歯の修理を繰り返しながら、ひとつひとつ被せものを外すので、時間がかかります。

途中中断という訳にはいきませんから、患者さんの同意を得てからおこないます。

上顎義歯の咬合平面を修正

まず、左を修正しました。
入れ歯を削り落とすだけなので簡単にできました。

修正前の下顎ブリッジ⇒仮歯に置き換えた状態

つぎに、右の咬み合わせを修正するため、被せものを外して仮歯にします。

下顎前歯の仮歯、咬合平面を修正した上顎義歯

前歯も、修正のため仮歯にかえました。

咬み合わせの変更にあわせて、入れ歯の削除、盛り上げを繰り返しています。

出来上がったブリッジ ⇒ セットしたブリッジ

4カ月後、全体の咬み合わせ修正が終わりました。

揃えた咬合平面

咬み合わせラインが水平になると、噛んだ時にかかる力が均等になって、入れ歯が外れなくなります

② ​粘膜の状態、骨の状態を取りこむ「筋圧形成」という型どり

アルジネートよる型取り

入れ歯を作るときは、食事や発音時の粘膜の状態、骨の状態を取りこむ「筋圧形成」という入れ歯専用の型どりをします。

開業するまでの勤務医時代は入れ歯の型どりを、安価で操作性が良いアルジネートという材料でしていました。

勤務医のときはそれで事足りていたのですが、 高崎に戻るとハグキの吸収した入れ歯難症例が多く、それまでの方法では上手くいきません。

いろいろ試した挙句、個人トレーとコンパウンドで筋圧形成し、シリコン印象材で仕上げする方法に落ち着きました。

​細かい説明は専門的になるので省きますが、この型どり法は、再現性、粘膜と歯の被厚変位量の補正、セッコウ注入などの点に優れ、吸着力のある外れない入れ歯になります。

筋圧形成の進行図

③ 構造(力学的な最良の位置に維持装置を設定)

入れ歯の構造図

入れ歯の設計には「支持・維持・把持」という3要素があります。​

支持は、沈み込み防止
維持は、入れ歯の脱離抑制
把持は、横揺れ防止​​

バネ、沈下防止装置、フレームをどのように配置するかで「支持・維持・把持」の作用が変化し、入れ歯の出来が変わります。

そこで、画一的にならないように各ケースで一番良好となるように設計しています。

バネをかける歯を形態修正し着脱面をそろえて入れ歯を安定させ、
症例によっては各装置を一体型で鋳造したワンピースフレームにして、入れ歯の剛性も高めます。

④ 顎の水平的位置の測定

歯の数が減ると顎の動きが不安定になることがあります。(お年寄りで顎がフガフガしている状態です)

顎の動きが不安定だと咬み合わせが横にずれやすく、ずれた状態で入れ歯を作るとほとんど咬めません。(わたしも何度か失敗しました)

そこで、「ゴシックアーチ」という検査をして下顎の水平的位置を測定することがあります

上下のゴシックアーチ装置

上の写真がゴシックアーチの装置です。

「顎の水平的位置の測定例1」

アペックスが鮮明なケース

右に少し動きづらそうですが、顎の動きは安定しています。

カチカチ咬む場所(赤の点)と下顎を後ろに引いた場所(やじるしの先)が一致したところに、入れ歯の咬み合わせを設定しました。

「顎の水平的位置の測定例2」

アペックスが不鮮明なケース

顎の動きが不安定です。
幸いなことに、カチカチ咬む場所(赤の点)と下顎を後ろに引いた場所(やじるしの先)が一致したので、そこに咬み合わせを設定しました。

まずは入れ歯で

歯が無くなったときにインプラントを勧める歯医者もありますが、わたしは「まずは入れ歯で」といった方針。

自分の技量の範囲でですが、入れ歯で困っている人の力になれたらと思います。