歯根破折~ブリッジへ

歯科で避けたいことの一つが「抜歯」。

わたしたち歯医者もそのことはわかっていますので、なるべく歯を残す努力をしています。

ただ「抜歯」しないとどうにもならないケースもあります。

前歯がとれた口の中

「歯が取れてしまったんです。何とかならないでしょうか」
とおっしゃって来院された方。お口の中は下のような状態でした。

割れた歯

割れた歯のアップ

歯が割れています。

割れた歯の周囲に溜まった膿

割れた歯の周りに膿が溜まり、腫れています。

割れてしまった歯は元に戻りませんし、そのまま放置しても腫れはひきません。

現状を説明したところ状況を理解していただくことができ、抜歯してブリッジをつくることになりました。

そして、こうおっしゃいました。

「先生、抜くのはまあしょうがないとして、ブリッジが入るまで前歯がないのはちょっと。。」

もっともなお話しです。

日を改めて仮歯をつくることにしました。

仮歯の装着

前後の歯を外しブリッジの仮歯をつくります。1時間かかりました。

二つに割れた歯

縫合したハグキ

3回目来院の際に抜歯。歯根破折していて歯が真っ二つに割れていました。

縫合してから仮歯を戻します。

歯を抜いたあとは最低でも1ヶ月、できたらもうしばらく傷が治るのを待ちます。

「そんなこと言ってないで早く入れてよ」

といった声もありそうですが、抜歯後は下のような現象が起きてしまいます。

抜歯後に退縮したハグキ

抜いた傷口が治るにしたがってハグキが下がるのです。
仮歯を修正して対応しました。

仮歯の修正前後

その後1ヶ月ほど待ち、ハグキが落ち着いたらブリッジをつくります。

寒天アルジネート印象

完成したブリッジ

保険の「硬質レジン前装冠」です。

セットしたブリッジ

セットしました。 一件落着です。

治療期間は2か月でした。