「歯医者が苦手でいつも痛み止めを飲んで我慢していたんですけど、このままじゃマズイと思っていて… 口の中全部を治して欲しいんです。」そうおっしゃっていた方です。

歯医者の受診は12年ぶり。インターネットでいろいろ調べて当院にいらしたそうです。

お口の中を拝見すると、かなり進んだ虫歯が何個もあります。

「すべての歯を残すことは難しいですが、出来る限りのことをしてみましょう。ただ虫歯が多いので長期間の治療となりますけどよろしいですか?」

とお話ししたところ、「よろしくお願いします」とのお返事。

計画を立てて、段階的に治療をすすめていきます。

まず2ヶ月ほどかけて上の前歯3本を根管治療し、その後保存できない歯を3回に分けて抜歯。

根の治療の進行図

この方のように虫歯が多い場合、治療する歯すべてを仮歯にして全体の咬み合わせを修正します。​

今回は治療開始4か月で、仮歯への置き換えが終わりました。

歯周病が進んでいる場所には歯周外科(フラップ手術)もおこないます。

歯磨きがしっかりしていることが前提ですが、歯周外科(フラップ手術)をすれば、なかなか治らない歯周病も改善します。

フラップ手術のイラスト

治療開始5ヶ月のときに、上の前歯4本と左下の歯1本に歯周外科手術をおこないました。

手術後1ヶ月半ほどハグキが回復するのを待ち、ブリッジを作っていきます。

右上の仮歯を外して型取りします。

右上には7本つながったブリッジ。
保険診療での硬質レジン前装冠ブリッジです。

左上には4本つながったブリッジ。
こちらも保険診療の硬質レジン前装冠ブリッジです。

8ヶ月後に無事に治療終了。

「歯が悪いのがコンプレックスだったので綺麗になって嬉しいです」と言っていただけました。

​※術前術後には個人差があり、同様の治療結果を示すものではありません。