笑顔の衛生士

 

現在、募集していません
 歯科衛生士(パート)を募集中です。

 

応募の際は 「求人用TEL」もしくは 「メールフォーム」でご連絡ください。​

なお、お電話やエントリーメールとは別に、履歴書をご郵送いただけますでしょうか。
面接日は履歴書を拝見したのちに決定します。

履歴書郵送先  ​〒370-0059 高崎市椿町46

求人用TEL   027-322-5178

(お電話は 13:00~14:00にお願いします)

 

ご応募の方へ

2018年11月現在、歯科医師1名、スタッフ2.5名の歯科医院です。 患者さん1人に30分~1時間で診療しています。

先代から医院を引き継いで時間が経ち、患者さんが増えてきました。 そこで、衛生士の皆さんと一緒に医院を成長させたいと思っています。

パートご希望の方は、もともとどこかの歯科医院に勤めていたが結婚や出産を機に退職。

子供が大きくなったので家族の世話をしながら働きたい、と考えている人がほとんどでしょう。

そうしたことから、下のような不安があると思います。

1.ブランクがあるけど、大丈夫だろうか?

2.家庭と仕事を両立できるだろうか?

3.子供の急病のとき、どうすれば良いか?

ひとつひとつ、お答えしてみます。

1.ブランクがあるけど、大丈夫だろうか?

皆さん、すでに歯科医院の勤務経験があるのでわかると思いますが、ドクターごとに処置や方針は違います。

パートで入って、いきなり

入社して、いきなり
「歯周治療やメンテナンスをしてください」

と言われても、その先生が患者さんに
「どのように治療しているのか? どのように説明しているのか? 」など知らないと、

患者さんとのコミュニケーションが非常にとりづらいです。

ですので、しばらくアシストにつき、ドクターのやり方を横でみて徐々に医院に慣れていただくようにしています。

なお、他院と比べてある程度ゆったり診療していますので、アシストは大変で無いと思います。

(未経験の助手さんでも、数ヶ月経てば普通にアシストしています)

アシストに慣れてきたら、徐々に歯周検査、スケーリング、TBIなどのP処置をおこなっていけば良いと思います。

予防・歯周治療主体の医院に勤めていた衛生士さんなら、今までの経験とわたしの診療所のカラーをミックスさせて患者さんに接していけば良いと思います。

新卒の方や、治療主体の歯科医院に勤めていて、あまり予防・歯周治療をおこなってこなかった方でも大丈夫。

難しい処置はわたしが替わります。徐々にできるようになれば良いです。

歯科衛生士の免許を、患者さんのために生かしてみませんか?

2.家庭と仕事を両立できるだろうか?

「家庭と仕事を両立する」にはコツがあります。

それは「平日の日中に働く」です。

朝、お子さんやご主人を送り出してから仕事に行き、帰ってくるころ、もしくはお迎えのころに仕事を終わらせる

土日は家で家族と過ごす。

そのようなライフサイクルとなるように、勤務時間を組めば良いのではないでしょうか?

皆さんパートを考えているなら、103万円の壁や130万円の壁をご存知かと思います。

103万円の壁や130万円の壁を考慮しての勤務日・時間帯を把握するため、面接の際に「勤務希望時間帯 記入用紙を書いていただいております。

青文字をクリックするとPDFが出ますので、事前にご記入してお持ちになっても大丈夫です。

103万円の壁なら(土日休み)

週3日は  9:00~13:00/14:20~16:00
もしくは 9:30~13:00/14:20~15:30
(ともに1日5.6時間)

週4日は  9:00~13:00 か 9:30~13:00
(1日3.5~4時間)
もしくは10:00~13:00/14:20~15:30
(1日4.1時間)

週5日は、10:00~13:00(1日3時間)

 

130万円の壁なら(土日休み)

週3日は  9:00~13:00/14:20~15:30
もしくは 9:30~13:00/14:20~16:00
(ともに1日5.1時間)

週4日は 10:00~13:00/14:20~16:30
(1日5.1時間)

週5日は 9:00~13:00(1日4時間)

あたりが、良いのではないでしょうか。

なお、勤務時間帯は入社時に応相談ですが、(シフト、給与計算の都合上)最初に決めた時間帯を頻繁に変更できませんことを、ご了承ください。

3.子供の急病などのときは、どうすれば良いか?

この問題は当然でてくると思います。 そして一番やっかいです。

最初に書きましたように、入社当初はアシストですので、そのときは子供の急病で早退、遅刻、欠勤をしても歯科助手と交代できます。

問題は、P処置、メンテナンスをするようになったとき。

手があいてたらわたしが診療すれば良いのですが、ドクターの予約が並行していた場合残念ながらできません。

そのときは衛生士の予約を患者さんにキャンセルしていただくしかありません。

「自分の子供」と「患者さん」、どちらをとるかと言ったら「お母さん」の答えは決まっていますね。 一般的に考えれば仕方ないことです。

重要なのは急なキャンセルを患者さんにどう伝えるかです。

お子さんの熱は急にでます。

緊急事態ですから、患者さんへの連絡は受付がします。

ただ、後日患者さんに「実は、子供がこういう状態でした。〇〇さん、昨日はご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした」とお電話してほしいのです。

状況を話せば、患者さんはわかってくれます。

診療所の体制は、時間通りに始まって時間通りに終わる、完全予約制に近い状態です。
お若い方だけではなく、40代~50代前半の方も積極的に採用しております。

まず書類選考をおこなっていますので、この欄の下にありますメールフォームからご連絡いただくか

027-322-5178 に13:00~14:00の時間帯に電話連絡してから

履歴書の送付をお願いできますでしょうか。

ご応募お待ちしています。

診療ユニット 診療室の写真

 

歯科衛生士(パート)募集要項

歯科衛生士(パート)募集要項
採用時期  勤務開始日等は相談に応じます
雇用形態  パート
職種内容  歯科衛生士業務・ 簡単な電話応対・バックヤード業務
年齢  50代前半まで
必要な経験/免許  歯科衛生士免許
必要な能力  基本程度のPC操作(レセコン入力)、 一般的な電話対応
研修期間  1ヶ月(院内書類、レントゲン機器、患者さんの誘導方法、バックヤード業務など、 歯科医院ごとに違いがあります。最初の1ヶ月は業務の合間に簡単な研修をおこない、流れを徐々に覚えていきます)
賃金  時給1200円(研修期間の時給は1100円)
昇給  個人ごとの仕事内容や、責任に応じて9月に臨時昇給。 定期昇給は無し。
交通費  無し
就業時間 ※時間帯・曜日は入社時に応相談ですが、(勤務シフト、給与計算の都合上)最初に決めた時間帯・曜日を頻繁に変更できませんことをご了承ください。
医院の休日  日曜 / 祝日 / 土曜午後 /水曜不定休
雇用保険 労災保険  加入
厚生年金  年間収入が130万円以上の場合 、加入
健康保険  1ヶ月の労働時間が、一般従業員の3/4以上の場合、 歯科医師国保に任意加入
その他詳細は「就業規則」「就業事項説明書」によります

 

採用の流れ

メールフォームよりエントリー 、or
13:00~14:00 に 027-322-5178 へお電話

2 履歴書を郵送

3 選考後、採用担当者から電話連絡

4 面接

5 採用・内定

※採用には「身元保証人」が必要
(ご主人で大丈夫です)
※ 面接は 13:30前後~ もしくは 18:30~

 

エントリー用メールフォーム

 

研修期間(1ヶ月)について

入社後1ヶ月は、研修をかねてのアシストです。

歯科医院ごとに使用している材料や置き場所が違いますし、レセコンやパノラマも異なります。 院内で使用している書類も、医院独自のものがあります。

そのような以前の職場との違いを把握するのが「研修期間」。

研修期間は、医院の流れを把握することに頑張っていただければ良いと思います。

初めての職場でいきなり、フルパワーで働くことはおそらく無理。 最初は無理しないほうが長続きするものです。

また、仕事の流れを理解していただくために 受付研修もおこないます。

(ただし、当院の受付はマニュアル化・シンプル化されているので、大変ではないと思います)

 

103万円の壁 や 130万円の壁

皆さん、パートを考えているなら103万円の壁や、130万円の壁が気になるかもですね。

収入が年間103万円を超えると、所得税を自分で払うことになります。また、ご主人が受けている配偶者扶養控除(所得税:38万円、住民税:33万円)も減少します。

103万円の範囲内に収めるには、1ヶ月85,833円以内に調整する必要があります。(103万円÷12ヶ月=85,833円)

年間130万円を超えると、年金や健康保険料を自分で払うことになり、手取りが3万前後減ります。

130万円の範囲内に収めるには、1ヶ月108,333円以内に調整する必要があります。(130万円÷12ヶ月=108,333円)

扶養の範囲内で働きたい場合、面接時にその旨をお話しくださいね。

 

ブランクから復職を考えている方へ

ブランク期間を経て復職を考えている方は、結婚や出産を機に勤務先を退職。
子供が大きくなったので働きたいといった状況だと思います。

その際、「しばらく仕事していないけど、大丈夫だろうか? 」そう思ってしまうのは当然です。

ただ、心配しないでください。 段階をおっていけば、充分復職できます

常勤・パートにかかわらず、入社したての衛生士さんにはアシストについてもらっています。ブランクがあっても大丈夫。アシストならできます

アシストに慣れてきたら、徐々に歯周検査、スケーリング、TBIなどのP処置をおこなっていけば良いと思います。

あまり予防・歯周治療をおこなってこなかった方でも大丈夫。 難しい処置はわたしが替わります

急ぐことはありません。 徐々にできるようになればいいじゃないですか。

せっかく歯科衛生士の免許を持っているのです。 自分のためにも、患者さんのためにも、もう一度 衛生士をしてみませんか?

 

診療所の一日のスケジュール

朝の準備

8:30~  院内の掃除、診療準備
※ ローテーションで業務をわりふり、仕事の不平等が起きないようにしています。

8:50~  朝礼(個人の仕事の進行報告、資料配布、曜日ごとのチェックをおこないます)

 

診療風景

9:00~  午前の診療開始

13:00~14:20  休憩

14:20~14:30  診療準備

 

片付け

14:30~18:30  午後の診療

※午前、午後ともに合間をみて日常業務、週間業務をおこないます。

18:30~18:50  片付け 終礼。

一日お疲れ様でした。